痛風発作とは

痛風発作とは

痛風発作とは、皆さんがよくご存じの痛みですね。
我慢の出来ない、風が吹いても痛みを感じるくらいの猛烈な痛みなのですが、これが痛風発作の時の痛みなのです。

 

その他では、痛風発作と言うのは余り効きませんが、痛みそのものの発作が一番怖いでしょうか。
とにかく発作が起きたときは、痛くて歩けなくなったりします。

 

この痛みこそが痛風の症状の最も嫌な所でしょうし、薬を飲んで直ぐに痛みが治まるのなら良いのでしょうけど、なかなかそのようには、薬でも痛みが直ぐになくなることも、症状が治まることもないでしょうからね。

 

痛風の方は、毎日の尿酸値の変動を観察するのも良いかと思いますね。
そうすることにより、痛風の発作が起こりそうが起こりそうでないかが、尿酸値で分かるでしょうから。

 

痛風の予防法についても、ただ言える事は、プリン体の多く含まれる食品を摂らないことで症状を抑えることが出来ますし、痛風の痛みを抑えることもできますね。

 

また、痛風の痛みは、膝の下あたりが痛くなる人もいるようで、必ずしも足の親指とは限らないようですね。
痛風の痛みでは、膝の皿が痛いと言う人もいれば、膝裏が痛い人もいるわけで、あっちこっちと痛みが出てくるようですね。

 

痛風の足の痛みが出てくると、歩けないしなにもやる気が起きないために、無気力になったりするでしょうね。
動けば痛いのですから。

 

とにかく、痛風発作が起きないように、プリン体の摂取を控えるとか、調子の良いときには運動をするとか、症状を抑えるために良いことをして下さい。